ニキビ 原因 治す

レーザー治療でニキビは治せるの?

万が一にきび治療を病院や、あるいはエステでやってもらう時、治療法は大きく三つに分かれます。

 

 

1、レーザーを皮膚に照射する。

 

 

2、薬を着色したり、注入する3、メスを利用し整形する。

 

 

以上のメソッドは、形成外科、美容外科、エステティックサロンなどで取り扱っています。

 

 

エステや皮膚科などでは、ビタミンC導入法など機械を使ってにきびの治療が行われます。

 

 

レーザー照射によるにきびの治療法は何個かあり、「フラクセル」という治療法は、レーザー照射で皮膚の表面に小さな穴を開け、新しい組織とオールド組織を入れ替える、という技術です。

 

 

コストは俗に50万円以上かかり、成果が現れるのに3ヶ月から半年かかります。

 

 

「クリアタッチ」はいくつかの波長のフラッシュランプによる影響でにきびを治療します。

 

 

赤い光でにきびの炎症や赤みを抑え、青と緑の光でにきび菌を殺します。

 

 

さらに温熱にはにきび菌を殺菌する成果もあります。

 

 

「フォトフェイシャル」はにきび改善のため、顔概要に特殊な光を当てます。

 

 

にきび菌の死滅、にきびによる赤みやうみをもった重症なにきびも治療できます。

 

 

「アブレーション」は、にきび跡ででこぼこになった皮膚を改善します。

 

 

即時的に腫れますが、2週間ぐらいで大人なてきます。

 

 

他の治療技術とくらべて術後のケアが不可欠です。

 

 

フラクショナルレーザーとは?

 

 

毛穴の開きとニキビ跡は、肌のちぐはぐを生み出す大敵ともいえる影響です。

 

 

特にクレーター状に凹んでしまったニキビ跡には塗り薬でも相当成果の出ない事が多々あるでしょう。

 

 

そのような困難を抱える人は、美容クリニックなどで最先端のレーザー治療である「フラクショナルレーザー」を受けてみるのも1つの手法です。

 

 

レーザーを細かなドット状にして照射し肌のターンオーバーをうながすテクニックです。

 

 

旧来のレーザーと異なり、「面」ではなく「点」で照射する事によって、肌に与えるダメージを最小限に抑えながら皮膚復活を促進させる事ができます。

 

 

治療中の痛さや、治療後のダウンタイムも旧来のテクニックよりかなり少なく照射した部位の赤みもセーブする事ができるです。

 

 

レーザーの点状照射によって、皮膚の表面にごくわずかな穴が開きます。

 

 

この穴が治癒する時に、周囲の正常な皮膚組織を引き込んで収縮する事で毛穴やニキビ跡による凹みが改善されるのです。

 

 

しかも、傷を治す場合にコラーゲンやエラスチンが産生され肌の入れ替えがおこなわれます。

 

 

つまり「人工的に穴を開け自然治癒力によってお肌を生まれ変わらせるレーザー治療」がフラクショナルレーザーといえます。

 

 

進行中のニキビにも!

 

 

フラクショナルレーザーは、施術する部位にもよりますが約10分で終了し、麻酔もなしでおこなう事ができます。

 

 

シャワーも即日から入れる事が全くですし軽いメイクももうにOKです。

 

 

その上傷跡や毛穴の開き、ニキビ跡などのほか炎症性ニキビにも影響がある事が分かっています。

 

 

つまり実際ニキビに悩んでいる人にも、跡が残って悩んでいる人にもフラクショナルレーザーは最適といえるようです。

 

 

薬では治療の手を焼く、肌のデコボコのジレンマを決着するメソッドとして、大きな注意を集めている手段です。

 

 

心理コンサルティングだけならフリーのクリニックも多くありますので、一度折衝に行かれてみてはどうでしょうか?