ニキビ 原因 治す

レーザーフェイシャルについてもう一度考えよう!

レーザーフェイシャルは、最先端のレーザー光を使用して、ニキビやニキビ痕、シミやクスミ、あるいはシワなどの肌トラブルを治療、改善していくスキンケア療法の事。

 

 

ロングパルスアレキサンドライトレーザー(な…長い…)という、低出力なのに皮膚組織の深い所まで作用する事が可能なというもち味を持ったレーザー光を使用する機器が直近での多数派のようです。

 

 

これはこれまでのレーザー光と対比して、施術後に手術前の暮らしを取り戻せるまでの回復時(ダウンタイム)や照射後に患部が赤くなったりカサブタになったりなどのトラブルが少ない治療法とされています。

 

 

その上、この長い名前のレーザー光は、肌の真皮層を活性化してメラニン色素に反応させる事が可能ならしく、シミやソバカスを段々薄くしたりするなど、美白影響にも成果が望み可能なとの事。

 

 

レーザーフェイシャルでできる事

 

 

◎ニキビ、ニキビ痕皮脂腺の過剰な働きを抑制するのと当てはめて、熱による殺菌影響から、アクネ菌を取り除いてニキビの要因を押し止める。

 

 

◎シミ、ソバカス、クスミレーザー光がメラニン色素に反応、熱処理を伴った照射を反復する事でシミなどが次第に薄くなる。

 

 

◎シワ、タルミ肌の新陳代謝をレーザー光が活性化させて、真皮層でのコラーゲン生産を助け、内側から肌のハリを改善。

 

 

◎赤ら顔拡張した毛細血管に反対に、レーザー光が影響的に熱処理する。

 

 

◎脱毛影響に個人差あり。

 

 

◎ホクロの除去◎毛穴の黒ズミ、拡張美肌対策のひとつとして行える事も多々あるですし、一定の影響も見込みできますが、患部の状況や患者さんの体質によって行えない治療があったり、思ったような影響が得らえない時もあるそうです。

 

 

もっとも、それは如何なる治療法でも同じ事なので、レーザー治療だけ不確かという訳ではないのです。

 

 

前もってにきっちり折衝をしてから臨むべきなのは、どういった治療でも同じ事ですね。

 

 

悪い点は?副作用は?

 

 

最初になんとなく治療費ですね。

 

 

クリニックやコースによって差異もあるでしょうが、顔全てで、1回およそ2万円?6万円くらいでしょうか。

 

 

それからレーザーの照射に際して、チクリとした小さな痛さがある時もあります。

 

 

その対策として、麻酔(塗布するタイプ)を使用するクリニックもあるみたいですよ。

 

 

一時的な反応で次第に引いてくるものですが、照射後に患部が熱を持って赤くなったり腫れたりなんて事もあるでしょう。

 

 

心臓病や糖尿病をはじめとする重度の病をお持ちの方、日焼け直後や、施術後に日焼け予定のある方、懐妊している方などは、ドクターの決断によっては施術できません。

 

 

あとは症状によっては何度か繰り返しの治療が不可欠になります。

 

 

忘れないでおきたいのは、レーザー光を使った高度なスキンケア療法や脱毛というのは、原則として医療行為であるという事。

 

 

おっしゃる通りドクター免許を持たないでも扱えるレーザー機器を持ったエステサロンなどもあります。

 

 

しかし、医療機構で使用するものと比較して、必然的に性能や働きが劣るのは否めません。

 

 

ですから、技術や施術後の結果について考慮した時には、専門医のいる美容皮膚科などを思い巡らすする方が確かであると言えるかもしれませんね。

 

 

もっとも、これは医療機構なら手放しで信用して良いと言っている訳ではないのです。

 

 

例を挙げると貴方が「レーザーを使って副作用は無いの?」「必然的にレーザーが必須なの?」などと質問をした時に、ぼんやりした解答しか返ってこなかったならかなり心もとないですよね?ドクターだと言っても、全部がその道の精通者という訳ではないのですから、危険性の点なども含めて、レーザーフェイシャル治療の心理コンサルタントを受け、施術中身とドクターの事をちゃんと決断していくようにしましょう。

 

 

施術の手順は?

 

 

洗顔を行って、お化粧や皮脂などの余分なものを落としてから、施術へと向かいます。

 

 

しかも、レーザーの光から目を守る為にアイマスクやゴーグルを着けてもらい、それから患部へと照射を開始出来ます。

 

 

どこを治療するかによって差はありますが、顔総体で20分?30分程度でしょうか。

 

 

そして、先にも触れていますが、照射に当たっての苦しみを緩和する為に、塗布するタイプの麻酔を使用するクリニックもあるみたいです。

 

 

施術後は患部が熱を帯びているので、これを冷却(クーリング)し、保湿クリームや日焼け止めクリームなどを治療したところに塗布します。

 

 

副作用の所でも書きましたが、レーザーフェイシャル治療の後には、患部が赤くなったり腫れた状況になる事があります。

 

 

当然個人差もありますし、いつもなら、照射後にはクーリングを施したりもします。

 

 

ただ、断っておきますが施術後にはそうした様子が続くのだな…という点だけは、あらかじめ把握した上で臨まれた方が良いと考えます。

 

 

極端な事を言ってしまえば、治療後に、照射した部位がカサブタになったり、ニキビなどの発疹が現れるケースというのもあるそうなので、帰するところ前もってにちゃんとドクターと話し合いの上で施術に臨んだ方が良いでしょう。