ニキビ 原因 治す

にきびのできやすい場所とストレスとは?

にきびとストレスの関係は?

 

十代の頃のにきびと言うと青春のシンボル、という印象がありますね。

 

 

でもアダルトになって可能なにきびは十代の頃にきびと違うきっかけがあるみたいです。

 

 

例を挙げると体質や食生活、加齢、それにもましてストレスによるホルモンバランスの乱れなどきっかけは何個かあります。

 

 

ストレスで何故にきびが?ストレスが必要になると男性ホルモン値があがって、皮脂分泌を過剰にしてしまうんです。

 

 

その上男性ホルモンが皮脂腺を刺激してにきびを作ります。

 

 

なお、ストレスは自律神経にも乱れを引き起こし、過度のストレスはにきびだけでなく精神的につらい病にかかってしまう事例もありうると考慮してください。

 

 

にきびなどの肌のトラブルが起きるのは人間係りや業務係り、暮らしの不規則などきっかけは十人十色です。

 

 

でも何をやっても治らなかったにきびがストレスと結びつきがあるとわかったらわずかほっとしませんか。

 

 

ただストレスがにきびを作成しようきっかけのひとつだとわかってもストレスを全く感じない暮らしなど可能なわけがないのですよね。

 

 

ですからストレスを溜め込まないで自身なりに解決法とか、対処法を心積もり、暮らしのリズムを用意するのも一つの考慮しだと思うんです。

 

 

その上自らに対するごほうびという意味合いで、息抜き可能な時や買い物、エステなど何が快感で何で癒されるのかを腹積もり、ストレス落着法を見つけ、にきびを作らない暮らしを心がけましょう。

 

 

ここでひとつ気をつけなければならないのは、ストレス解決を訳にして甘いものをやけ食いしたり、衝動買いするのは避けましょう。

 

 

ストレスがなくなったとしても、反対ににきびは増加したり、他の病になったら解釈がないのですからね。

 

 

にきびのできやすい場所って・・・

 

にきびにはできやすい位置があるって知ってますか?十代の頃のように顔の至る所に可能なのと違って、アダルトになって可能なにきびってなぜか同じところにできてくると考えませんか?

 

顔でいうとヘアーの生え際とかフェースライン、ほほ、しかもあごなどの4ヶ所が特に多々あるですね。

 

 

同じところに何度もにきびが可能なのにはどこかにきっかけがあるのではないでしょうか?

 

 

”ヘアーの生え際”によくにきびが可能な人は、シャンプーやリンスなどを使った後などすすぎをちゃんとしていますか?これは特に男性にいえる事ですね。

 

 

”フェースライン”も同じように洗顔した後の石鹸を整然と洗い流してなかったり、”ほほ”の時は髪型がきっかけという事も心積もりられます。

 

 

ほほにあたるほどヘアーを以前からずっとしていませんか?”あご”に可能なにきびにいたっては、ほほづえもさわることさえきっかけになるんです。

 

 

このようにいつも刺激を受けているとにきびができやすくなる事もあるんです。

 

 

実を言えばにきびは男性ホルモンが多く分泌される事でできやすくなります。

 

 

ですからにきびができやすいところは皮脂分泌がさかんで、皮脂腺が毛穴を刺激してにきびが可能なんです。

 

 

毛穴には「軟毛性」、「終毛性」、その上「皮脂性」の3種類があるんですが、軟毛性の毛穴にはうぶ毛、終毛性の毛穴にはひげやヘアーが生えます。

 

 

俗に男性は口のまわりやあごにひげが生えますから、このところににきびもできやすくなります。

 

 

皮脂性の毛穴にもうぶ毛が生えますが、これからは皮脂が分泌されます。

 

 

この毛穴は顔面の他に前胸部と背中中央部にあるため。