ニキビ 原因 治す

みんなはアクネ菌の事、本当に分かってる?

ニキビ発症のきっかけとして、この名前をよく聞くと考えます。

 

 

でも、アクネ菌がニキビにどういった形で作用するのかと言われても、知らない人の方が多々あるのではないでしょうか。

 

 

今度はアクネ菌の事と、以前の投稿に引き続き、レーザー治療(レーザーフェイシャル)の事にも触れていきますね。

 

 

アクネ菌とは?

 

 

人の肌には、肌バランスを整えたりするのに必須な細菌が影響しています。

 

 

一例を挙げればよく耳にするブドウ球菌などの、いわゆる常在菌と言われるこのところですね。

 

 

アクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス)も同じくに、男女結びつき無く、人の皮膚に影響する細菌のひとつなのです。

 

 

つまり、ニキビを発症しやすいか如何にかは関連無く、誰の皮膚にも影響する細菌という事になります。

 

 

主な特性としては、皮脂が好きだけど酵素が嫌いというもの。

 

 

アクネ菌は皮脂が大好きなので、皮脂の分泌量が多々ある秘訣に多く住んでいます。

 

 

一例を挙げれば青年期にニキビが出やすいのも、ひとつにはこの皮脂の分泌量とアクネ菌の関連がある為でしょう。

 

 

男女問わず青年期に入ると男性ホルモンの働きが活発化するので、皮脂の分泌量が増大し開始出来、皮脂や汚れの排出が綺麗にいかなくなったりして、段々と毛穴が詰まってしまったりします。

 

 

詰まってしまった毛穴はアクネ菌にとって相当暮らし心地が良く、増殖したり活発に動き出したり。

 

 

アクネ菌は皮脂を分解して脂肪酸を作り出します。

 

 

ニキビの赤みは、この脂肪酸の影響ではないかと心積もりられており、その上、アクネ菌が分泌するポルフィリンという物質が紫外線に当たると活性酸素を豊富に生み出し、これがニキビの炎症、皮膚細胞の破壊などを助長する働きがあるとも言われています。

 

 

アクネ菌対策をしよう!

 

普通にはアクネ菌を抑制する事が有効な対策な訳ですが、皮膚に反対に常在菌として影響しているという事は、適度のお役目も持っているという事ですね。

 

 

アクネ菌は皮膚の酸性度をコントロールして、病原菌の侵入を防いだり、繁殖を食い止めたりという、価値があるな働きも持っているのです。

 

ですから根絶したりとかやっつけてしまうというのとはわずか違って、断っておきますが抑制という事になります。

 

 

最初になんとなく洗顔ですね。

 

 

余分な皮脂や汚れを毛穴から取り除く事がアクネ菌抑制のベースです。

 

 

しかし、肌通常の油分まで取り過ぎてしまうと、それを補う為にかえって皮脂が数多く分泌されてしまいますので、洗い過ぎには配慮しましょう。

 

 

他にも、ここの所注意のスキンケア療法としては、帰するところレーザー治療があげられます。

 

 

美容皮膚科などでのレーザー治療は、アクネ菌の殺菌、皮脂の分泌量抑制、その上ニキビのできにくい肌へと変更していく成果があるとされています。

 

 

アダルトニキビがいつまでも続いていたり悪化していたり、個人で可能な事はそんなに試したけども卒なくいかなかったとか、ニキビの痕を残したくないなぁ…という人は、一度、専門医に話し合いしてみるのも良いのではないでしょうか。